湘南美容外科 別れるときには、お金がいります。

湘南美容外科クリニックと共同開発! バスト用クリーム【グラニティ デコルトクリーム】

Pocket

湘南美容外科 シンプルをあなたに

最近、あご髭や口髭があるダンディズムに憧れを抱きなんとか髭を伸ばそうとするけどね。全く生えてこねぇ。そう、おぃらは髭の永久脱毛をしている。湘南美容外科さんに5年間も通っていたけ。髭の脱毛はね。本当に痛い。毎回。毎回、泣いていた。前日なんかはね。情緒不安定になるくれぇだ。だけどね。スタッフのお姉さん達が優しくてね。綺麗な人ばかりだしね。好きになっちまいそうだった。本当に辛い時。優しくされるとね。人は好きになりやすいのかもしれない。だけどね。脱毛中はね。ゴーグルをつけられて何も見えないけどね。おぃらにレーザーをあてているお姉さんの顔はね。もしかしたら笑っているのかもしれない。
髭は有れば面倒くさいのにね。無ければ少し寂しい。そんな切なさを噛み締めながら今日も生きます。寂しがり屋日本代表のKUSOGAKINGです。

暑い暑い夏も終わりが近付いて来てやがる。暑さの苦手なおぃらには辛い毎日だ。ただね。暑さと比例して薄着になっていく女の子達を見れるからね。おぃらは夏を迷わずに嫌いだとは言えねぇな。畜生!

お昼ご飯にうどんを食べてたらね。隣の席にいた70代くらいの夫婦が熱中症で一緒に亡くなった夫婦の話をしていた。「可愛いそうだけどいい死に方だな」。「そうね」。「そんなに苦しまなかっただろうし一緒に亡くなれるなんて羨ましいわね」。そんな話を淡々としていた夫婦。うどんを食べ終わると手を繋いでお店を出て行った。おぃらはね。なんだか凄く。凄くその夫婦を抱き締めてあげたくなっちまった。きっとね。2人は本当に愛し合ってる。一緒に死ねる事を「幸せ」だなんてね。そんな風に思える夫婦におぃらもなりたいと思った。「死」と言う事は決して素敵なもんじゃねぇ。喜ぶ事じゃねぇ。残されたもんは本当に辛い。だけどね。もしね。この夫婦が一緒に死ぬ事ができたらね。おぃらはきっと素敵な物語のまま終われるんだと思う。ロミオとジュリエットもそうだけどね。愛し合う2人が一緒に死ねる。一緒に死にたいと思える。一緒に死にたいと思いながら死ねる。そんなに幸せな事はないのかもしれねぇ。
おじいちゃんおばあちゃんになっても手を繋いでいよう
これは何年も前にね。おぃらが知人の結婚式で歌うために作った曲の最後の歌詞だ。だけどね。これは失恋した彼女に向けて作った曲だ。失って気づく。手を繋ぐ事の。手を繋げる事の大切さ。
今日のお薦めBGM=nanami×GOMESS「maboroshi」

やっててよかった湘南美容外科

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓
今日は前回の記事でちょっと触れた【脱毛】についてまとめていきます!脱毛については僕のブログだけでなく色んなブログで様々な検証がされているので、今更という気は若干するのですが、、(^^;)僕としては敏感肌でアトピーであるという属性を持つ中で、最終的な選択肢として【医療レーザー脱毛】を選び、かつどんな機種を使ったかなどその理由等も含めてお話してみたいと思います。僕の場合は顔の髭脱毛がメインなので、男性読者の皆様も参考にして頂けると思います。また女性の場合もお顔のムダ毛処理や全身脱毛の考え方も全く同じですので、是非知識として知っておいて欲しいと思います!◎カミソリ、シェーバー、毛抜きなど…家庭でのムダ毛処理法について男子だとどうしても中学校くらいになってくると「ヒゲ」が生えてくるんですよね。で、最初の頃はヒゲも柔らかい毛なのでカミソリなんかでささっと剃ることが出来るのですが、これがまたしばらくするとどんどん毛が太く硬くなっていくんです。(これは剃ることで太くなるのではなく、成長に伴う男性ホルモンの影響です)そうするとカミソリで剃ろうとすると結構強めに剃らなければならなくなり、僕の場合中3くらいではカミソリで剃ると高確率で肌が炎症を起こすようになりました。いわゆる『カミソリ負け』というやつですね。ただ炎症を起こすだけならまぁ良いものの、こういう微小炎症は毛穴の閉塞を招くことがあるのでその結果口周りにニキビが出来やすくなったり、カミソリの皮膚ダメージが蓄積すると、皮膚そのものが炎症で発生したメラニンによって黒ずんだり、肌が硬質化して硬くなっていく原因になります。また市販のシェービングクリームはヒゲを軟化させるためにアルカリ性を強めているものが多かったり、皮膚刺激がかなり強めです。カミソリでのシェービングは、手軽で簡単ですが、かなりの高頻度で行う必要があるため、非常に皮膚刺激の強いムダ毛処理法だと思います。特に男性でカミソリによるシェービングを行っていて、かつ口周りの肌荒れを気にしている方はすぐにやめた方が良いと思います。女性の場合は毛が柔らかいのでまぁカミソリでもそんなにダメージは無いかもしれませんが、出来れば肌に刃物を触れさせる機会は減らした方が良いと思います(^^;)ちなみに自宅でできる低刺激な方法としては、『電動シェーバー』が比較的オススメです。特に敏感肌の男子は自宅ケアは電動シェーバー一択です。1000円とかで入手できる安いものは安全機能が悪いので肌がズタボロになってしまうものがありますので注意ですが、BRAUNやPanasonicなどの高機能シェーバーは、それなりの価格のもの(1万~2万円くらいのもの)であれば肌刺激がほとんどなくシェービング可能です。(かずのすけはBRAUNの2万円くらいのやつを数年は使ってます。最近は脱毛したので週1回くらいですが)女性用のシェーバーなんかも最近は出てきていますね。ただし電動シェーバーは深ぞりがあまり出来ません。特に敏感肌用の機種は深ぞりしないので、ツルツルまで剃ることは中々難しいです。どうしてもツルツルにしたいのであれば、『毛抜き等での抜毛』が時間はかかりますが自分で自宅でも手軽に出来ますし、眉を整えたり、脱毛後の残り毛を処理するのにも応用できます。(男子のヒゲも濃すぎなければ出来る人もいます)ただし抜毛は慣れないとかなり難しいです。毛の生え方に沿って垂直に抜かないと、毛の根元で切れてしまうことが良くありますし、それが毛穴内部に残ってしまうと、【埋没毛】と呼ばれる状態になり毛穴内部で炎症を起こしてしまう原因になることがあります。また、【毛抜き】の形によって毛穴周辺の皮膚を傷つけてしまう場合もあります。これを防ぐための方法としては↑の画像のように先が【丸い形】になっている毛抜きを選ぶのがオススメです。また、毛をしっかりキャッチできるように毛抜きの先端が綺麗に揃う良質の毛抜きを探しましょう。一応僕は↓のものなどいくつかの種類を持っていますが、 驚きの毛抜き 先丸タイプ(ブラック) GT-223 648円 Amazon 同じ商品でも「個体差」が結構あって、綺麗に揃って綺麗に抜けるものとそうでないのがあったりします(^^;)良い物に当たるかどうかは結構運要素が大きいですね…。。(感覚として2~3本買うとそのうちの1本は凄く綺麗に抜けるやつがあります。笑)◎敏感肌なら肌荒れ必至!?絶対オススメしないムダ毛処理法最後に、これは僕は絶対オススメしない方法ですが、『除毛クリーム』という方法もあります。『除毛クリーム』という名の付いている製品は、基本的に医薬部外品になっていて有効成分として【チオグリコール酸カルシウム】という成分を配合しています。これはとある除毛クリームの成分表ですが、 原材料・成分
[有効成分] チオグリコール酸カルシウム [その他の成分] グリチルリチン酸2K,サクラ葉抽出液,大豆エキス,アロエエキス-2,カッコンエキス,クロレラエキス,尿素,流動パラフィン,セタノール,POE(6)ステアリルエーテル,POE(20)セチルエーテル,POE(30)オレイルエーテル,POE(40)セチルエーテル,ステアリルアルコール,ラウリルアルコール,オレイン酸ソルビタン,ミリストイルメチルタウリンNa,炭酸Na,水酸化Na,ヒドロキシエタンジホスホン酸液,BG,メチルパラベン,香料のように記載されています。基本的に全ての医薬部外品の除毛クリーム(「除毛」という記載があれば全部そう)には同様にこの成分が配合されています。実はこの成分はパーマ液にも使われている『チオグリコール酸アンモニウム』などの仲間で、非常に強力な還元剤の一種です。毛は酸化反応によって固まっており、還元されると脆くなる性質があります。つまりこの成分は、毛の化学結合を還元することで軟化して除去する、というもの…ですが、そもそも毛も皮膚も主成分は同じ物質(ケラチン)なので、毛に作用するということは皮膚にも同様に作用します。。つまり皮膚も還元されて軟化されてしまうため、皮膚バリアがとても弱まりますし、皮膚刺激も強く、かつ実際の皮膚障害の事例数もとても多いです。実質この成分の皮膚刺激は、通常の化粧品の「刺激が強い」とはワケが違うレベルで強力です。簡単に言えば【毛を溶かしている】わけですので、そんなものが肌に優しいわけがありません。ちなみに最近では『敏感肌用』などと書かれているものが結構ありますが、残念ながら【除毛剤】である以上配合される有効成分はチオグリコール酸カルシウムと決まっていますので、どんな除毛剤であっても刺激はかなり強く、
感肌やアトピー肌には絶対にオススメできません。こういった肌刺激の強い方法でムダ毛処理を行い続けると、毛穴の周辺にダメージを与えるため、毛穴が炎症を起こしてそれが蓄積すると毛穴自体が拡がってしまうことも懸念されます。炎症が起こるとメラニンが生まれるので、それが蓄積して毛穴の黒ずみになってしまうこともあります。1回や2回のケアでは問題なくても、何度もやり続けるとどんどんダメージが蓄積していきますので敏感肌の場合はムダ毛の処理方法には特に注意したいです。
◎敏感肌にこそオススメ!【医療レーザー脱毛】のポイント
そういうわけで、基本的には自宅でできるムダ毛処理のケアは、低刺激な方法だと見た目を綺麗に整えられなかったり、かなり熟練のテクニックが必要だったり、とても肌負担の大きい方法ばかりです。また一見刺激の少ない方法であっても、何年も何度もやり続ければ結果的に大きなダメージになってしまうということもしばしばあります。そこで、僕も最終的にこの選択肢をとったわけですが、敏感肌でムダ毛の処理に困っているという人ほど『医療レーザー脱毛』を受けるべきだと思います。
医療レーザー脱毛とは、簡単に言うとメラニンなどの黒っぽい色素に反応するレーザーを使って『毛根』やその周辺組織を焦熱して破壊するという一見荒っぽい方法です。笑
レーザーの種類によっては、施術中や後にかなり痛みがあったり炎症を起こすことがありますが、永久脱毛してしまえばその後に毛はほとんど生えてこなくなるため、ムダ毛処理を行う必要がなくなり、長い目で見ると肌を綺麗に保てます。
年齢的に早く処理すればするほど肌が傷みにくいと思います。ちゃんと通えば効果も確実で、こないだの写真のように本当に毛が生えてこなくなります。(←ヒゲ脱毛前、→ヒゲ脱毛後)
ただ産毛は多少生えるので週一くらいで電動シェーバーで処理します。やや太いのが一本くらい生えることもありますが、それは毛抜きでさっと抜けばOK。
黒ずみのようなものもなくなるし、毛穴も本当に目立たなくなるのでとにかくオススメです!
ちなみに専門機関(クリニック)で受けられる脱毛にはニードルとか電気とか色々種類があるのですが、現代であれば、もう医療レーザー以外を受けるメリットはあまりないのではないでしょうか。

現在「医療レーザー脱毛」は医療機関(美容皮膚科や整形外科クリニックなど)でしか受けられないことになっています。類似サービスのようなものがエステサロンやその他の無免許サロンなどで受けられるようケースもないとは言えないですが、医療レーザーは『医療行為』ですので、専門知識を持たないスタッフが行うと重大な皮膚障害や失敗を起こすリスクが伴います。(また、逆に効果のほとんどないサービスに無駄にお金を取られることもあります)医療機関の場合は当然価格はそれなりですが、しっかりとした知識を持った医師や専門スタッフが施術を行うので、より安全性高く施術を受けられます。医療レーザー脱毛は、必ず専門の医療機関で受けるようにして下さい。また、極力有名なクリニックの方が施術件数が多くスタッフの習熟度が高いため、あまり名の知られていないクリニックには注意してください。◎医療レーザー脱毛の『種類』と各手法のメリット・デメリットについて最後に、非常に重要なポイントとして、現在利用されている医療レーザー脱毛は2種類の方式が主流です。
ひとつが【アレキサンドライト】です。

恐らく現状のレーザー脱毛手法では最もポピュラーな方法で、HPなどに何も説明が無い場合は大抵のクリニックが採用している方式です。これはより波長が長く出力の高いレーザーで「毛根」とその周辺組織を破壊するレーザーです。そのため結構な痛みがあるらしく、施術中に幹部を冷やしながらちょっとずつ進める…なんてこともあるそう。(範囲が広いと数時間かかってしまう場合も?)女性の場合は毛根が小さいので「ゴムを弾くくらいの痛み」で済むらしいのですが、男性のヒゲ脱毛だと、ヒゲが濃い人の場合大人が悶絶するくらい痛いという声も聞きます。苦笑
ただしアレキサンドライトは比較的効果が出やすく、より少ない回数で、短期間に、少ない費用で永久脱毛を完了できます。というのも、どんな手法であっても脱毛は1回では全ての毛根を処置することができないため、完全に永久脱毛をする場合は複数回通う必要があります。
(毛周期的に早くて1年と言われています。)
出力の強い手法ほど1回で多くの毛根を処置可能ですので、できるだけ費用を抑えて短期間で脱毛したい場合はアレキサンドライトがオススメです。ただし、痛みが強いので毛が濃い人や肌が弱いにはオススメしにくいため、荒れ気味の敏感肌やアトピーの場合は処置してくれない医院もあるとか。
そういった場合にオススメとなるのが【メディオスター】という機種で、こちらはアレキサンドライトより低出力で、毛根を破壊することはできませんが、より浅い位置にある毛の栄養供給器官である『バルジ領域』という部分を狙って破壊するレーザーです。
毛根は生きたままですが栄養供給が絶たれるため、毛が成長しなくなります。レーザーの威力が弱いので、より低刺激で肌に負担をかけず施術出来るのが最大の特徴です。ちなみにかずのすけはこちらで永久脱毛したのですが、最初は多少痛いものの問題なく我慢できる痛みで冷却なども無しで施術できます。ヒゲ脱毛だと5分くらいの短時間で終わってしまいます。毛が少なくなるともうほとんど痛みがありません。
ただしデメリットとしては、効果がやや出にくく、最初は毎月通う必要があり、永久脱毛するまで数年かかるケースもあります。僕はヒゲは薄い方だったのですがアトピーということもありあまり出力を上げなかったため、結果的に永久脱毛まで2年半ほどかかりました。その分回数も多いため、僕の行ったクリニックでは1回1万円くらいですが、ヒゲだけでもトータルして15万~20万くらいかかっている可能性があります。(アレキサンドライトだと5~6回くらいで終わるらしいので倍以上かかってるかも…;)アレキサンドライドもメディオスターも施術料金は大体どこも一部位1万円くらいですが、

最終的には永久脱毛まで必要な回数はメディオスターの方が増えるため、メディオスターの方がトータル価格は倍~数倍くらい高くつくと考えて良いと思います。ゆえに痛みが苦手で、肌が弱く、かつ費用は多少高くなっても良い、という人にはメディオスターがオススメになります。(アトピーの方なんかは特に、ちょっと高く付いてもこちらを選ぶべきと思います。)
ただ、現在で
はまだアレキサンドライトほど普及していない機種で、導入クリニックは多くはありません。こちらの方式で受けたい場合はしっかりHPなどを確認しましょう!
ちなみに女性の全身脱毛なら毛も薄いので比較的アレキサンドライトでもそんなに痛くないらしいです。

あとは肌の状態なども鑑み医師やスタッフと相談して決めたいですね。

というわけで以上で脱毛関係の内容まとめとなります!実は僕はつい先日まで湘南美容外科クリニックで上記のメディオスターを受けていたのですが、昨月よりシステムが改訂して、これまではアレキサンドライトとメディオスターの機種を患者自ら選べたものの突然をこれが選べなくなってしまい…。。(空いてる機種を優先して使う、らしい。。)次回からは別のクリニックを検討しているところです(^^;)(まだ顔の脱毛が途中なので…)

どこにするかはまだ決めきってませんが、これまで通りメディオスターの導入医院を探すと思います。皆さんも記事を参考にご自分に合った方式を導入している医院を探すと良いと思います!

【セラネージュUVクリーム】&【セラキュアスキンクリーム】が新発売!!【詳しくはこちら】大容量・低コストセラミド化粧水【セラキュアセンシティブローション】新発売!!【詳しくはこちら】オンラインストアURL:http://cores-ec.com/▶セラキュア ローション&エッセンス 紹介ページ▶セラヴェール スキンウォッシュ 紹介ページ▶セラヴェール プラチナムクレンジング 紹介ページ▶セラシエル レッドプロテクトジェル 紹介ページ▶セラブライトシャンプー&トリートメント 紹介ページ▶セラブライト ケミカルリペア 紹介ページ▶セラネージュ UVクリーム 紹介ページ▶セラキュア スキンクリーム 紹介ページ【秒でわかる!最強の家事-暮らしは、化学でラクになる】 12月25日発売!【詳しくはこちら!】【オトナ女子のための美容化学 しない美容】 大好評発売中!!【詳しくはこちら!】【オトナ女子のための美肌図鑑】ベストセラー10万部突破!【詳しくはこちら!】     ▶究極の美肌法を徹底収録!【どんな敏感肌でも美肌になれる!オフスキンケア】の紹介▶かずのすけがマンガに!【かずのすけ式美肌化学のルール】の紹介▶大好評につき改訂復刊!【化学者が美肌コスメを選んだら】の紹介<公式ホームページ>ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら!
【かずのすけのおすすめ化粧品まとめページ】
かずのすけが実際に使用している商品や四つ星&五つ星の商品をまとめています!
詳しい利用法について→こちら
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。
【かずのすけのブログ検索】コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!
(バナー用画像↓ 加工OK!)

【湘南美容外科開発】フェイシャルローション「ホスピアップ」

コメントは受け付けていません。